アプローチが苦手な人がウェッジを変えたら上手くなる!?

サンドウェッジ
アプローチが苦手な方がウェッジを変えたら上手くなると思いますか?
私は上手くなると思います!

なぜなら私がウェッジを買い替えただけでアプローチが好きになり、ウェッジに自信が持てるようになったからです。
もちろん練習も沢山しました。

私はゴルフが大好きです。
クラブも大好きです。

1人でゴルフ場にも良く行きました。
初対面の方とも数えきれないくらいラウンドしました。

アプローチが苦手な方も沢山見てきました。
その方たちに共通するのは、「それ何年前のウェッジですか?」と言うくらい古いウェッジを使用しているという事です。

古いゴルフクラブを否定するわけでは有りませんが、ウェッジとボールだけはそこそこ新しい物を使わないとアプローチが上手くなるとは思えません

もしあなたがアプローチが苦手でウェッジに興味が無いのであれば、買い替えてみませんか?
買い替えるだけでアプローチが好きになり、上手くなるかもしれませんよ!

その理由を私の経験を織り交ぜながらご説明したいと思います。

アプローチが苦手な方に共通する特徴

アプローチが苦手な人に共通する特徴は

  • ウェッジやクラブに興味がない
  • 練習量が少ない

の2つです。

まずはこの2つについて説明します。

アプローチが苦手な方はウェッジに興味がない

ウェッジやクラブに興味がない方は、自分の腕が悪いからアプローチが苦手だと思っていませんか?
ゴルフは腕だと思っている方の多くが、クラブに興味がなくボールにもこだわりがありません。

しかしアプローチに関してだけは、ウェッジとボールを交換するだけであっと言う間にうまくなれます
アプローチは、狙ったところにボールを運んだり止める事が求められます。

飛ばす必要はありません。
小さい動きなので、スイングを変える必要もありません。

アプローチで寄せる為には、ウェッジの持つ機能性とボールが持つ機能性に頼るだけで良いんです。

「そんなことで上手くなるわけないよ~」と思われるかもしれませんが、実際に私はセット物のウェッジから市販品に変えてボールもスピン系に変えただけで、誰もが驚くほどアプローチが上手くなったんです。

ウェッジの機能性を生かす

アプローチで大切なのはウェッジの機能性を生かす事です。
アプローチショットをするときに、良くボールを上げようとする動きをする方がいますが、新しいウェッジや溝のあるウェッジとスピン系のボールを使用すれば、ボールは構えたロフト通りに上がり、少しだけスピンが入って止まるはずです。

しかし古いウェッジや溝のないウェッジ、古いボールを使用していたのでは、ボールは止まりません。
アプローチが苦手な方はその経験から、必要のない動きをするためにトップしたり、ダフッタリして失敗するのです。

ウェッジのフェース面の溝が減る理由と役割

アプローチが苦手な方は練習量が少ない

アプローチが苦手な方は、ドライバーばかり練習していませんか?
苦手だから練習しない気持ちはわかりますが、練習しなければ上手くなりません。

私もゴルフを始めたばかりの頃はアプローチが苦手で、とても嫌いでした。
ショットも下手だし、アイアンも下手。

コンペに出てもスコアが悪いので馬鹿にされてばかりでした。

そこで少しでも、上手くなるためには何をすればよいのか、雑誌をたくさん読みました。
そこで見つけたのがウェッジの雑誌広告です。

その広告には『驚くほどのスピン性能であなたにもプロみたいなアプローチが出来ます』的な事が書いてありました。

私は半信半疑で購入してみました。
そのウェッジとは2007年頃に流行した【フォーティーン】のMT-28と言うウェッジです。
ボールもタイトリストV1Xに変更しました。

それから自然と練習量が増えたんです。

アプローチの練習量が増えた理由

新しく買ったクラブって練習したくなりませんか?
なりますよね!?

ウェッジを購入してから、自然とアプローチの練習量が増えたんです。
色んな距離、いろんな打ち方、遊び感覚で練習してたら、自然と楽しくなって練習の6割をアプローチばかりするようになったんです

私がアプローチの苦手な方にウェッジの買い替えをおすすめするのは、自然と練習量が増える可能性が有るからなんです。

アプローチが苦手だった私が、ウェッジを変えてラウンドした結果

カップとボール
ラウンドしてみて驚いたことは、アプローチに対して苦手意識よりも楽しいという気持ちの方が勝っていたのと、自分でも驚くほどのスピン性能でボールが止まったことです。

クラブとボールを変えただけなのにこんなに変わるんだと自分でもびっくりしました。

普通に打つだけで、ド素人の私でもプロみたいなスピンで『キュキュキュ』って止まるんです。

クラブを変えただけで「こんなにも違うんだ~」と実感したので、すぐに同じモデルの54度と50度も購入しました。
それからアプローチから110ヤードくらいを狙う練習量がさらに増えて、100ヤード以内に自信が持てるようにり、ゴルフを始めてから15ラウンドで100切り、1年で80台が出るようになりました。

アプローチが苦手な人がウェッジを変えたら上手くなる!?まとめ

アプローチが苦手な方でも、溝のあるウェッジとスピン系のボールを使用して、普通に打って止まる経験を積めば、余計な動きが無くなるので誰でも上手くなれると思います。

スイング軌道を修正することは簡単ではないですが、30ヤード以内のアプローチショットであれば、小さい動きなので今のスイングを大きく変える必要も有りません。

変えるのはウェッジとボールだけでいいんです。

30ヤード以内のアプローチに自信が持てるくらい練習すれば、自然とインパクトゾーンの動きも良くなるので、フルショットの軌道も良くなることに期待も出来ます。

ウェッジを購入するのであれば新品がもちろん良いですが、新し目で溝がしっかりあるのであれば中古でも良いと思います。
ラウンドする時はボールもスピン系に変えてみて下さい。
(スピン系のボールも普通に購入すると高いですが、型落ちのモデルであれば半額程度で購入することが出来ます)

ゴルフは腕ももちろん大事ですが、道具によって全然違うと言う事を実感してみて下さい。

ウェッジの関連記事

ウェッジを新しくしたい方におすすめの人気のあるウェッジ(2016年)
中古でウェッジを選ぶ時のポイント
ウェッジのロフトやバウンスを決める基準とは?

 

 

ゴルフクラブの買取価格気にしてますか?
ゴルフクラブ買取店はたくさんあります。
中古ショップ、リサイクルショップ、クラブ買取の専門店。どこで売れば一番高く売れるのか!?クラブ買取店のメリット・デメリット、高く売る方法などゴルフクラブ買取に関するさまざまな情報をご紹介しています。
これからクラブを売却予定の方は、是非参考にしてみて下さい♪

矢印アイコン
ゴルフクラブ買取情報ガイドナビ!高く売る方法をご紹介!【最新版】

  • タイトリスト
  • テーラーメイド
  • ブリヂストンゴルフ
  • ホンマ
  • ピン
  • ヤマハ
  • ゼクシオ
  • スリクソン
  • クリーブランドゴルフ
  • キャロウェイ
  • ナイキ
  • ミズノ